ジプレキサ〜食欲増加と代謝低下の副作用がなければ理想的なお薬

こんにちは、ryoです。

今回は、第二世代の抗精神病薬ジプレキサについて書いていこうと思います。

おそらく、一番僕がお世話になったお薬だと思います。

それでは、始めます。

すごいお薬

僕が、ジプレキサを服用するきっかけは、エビリファイでは本が読めなくなり、違うお薬を

試したいと思ったのがきっかけでした。

初めにジプレキサを2.5mg処方してもらって、エビリファイ12mgと混合で服薬しだしました。

ジプレキサ2.5mg服用するだけでびっくりするぐらい本が読めるようになり、気分が安定するようになり

体調がどんどん良くなっていきました。

体重が増えるお薬だということは、調べていたのですが僕の場合2.5mgだと食欲が少し出るぐらいで

代謝もそんなに落ちることはなく、運動もしていたのもありますが、約1年ぐらいで体重を10kgほど

落とす事ができました。

ジプレキサは、陽性症状に関してはすごい効果を発揮するわけではありませんが、症状の軽い方なら

2.5mgか5.0mgで十分コントロールできるようです。

僕個人の感想としては、2.5mgだと少し賦活して行動が飛ばし気味になる傾向があると思います。

体調としては5.0mg服用していた時が、とても安定していました。

陰性症状に関しては、かなり効果のあるお薬だと思っています。

人によって合う合わないはあると思いますが、ジプレキサは陰性症状を改善する力は

とても強く、気分も安定することからすごく行動が安定したり、意欲の改善に効果がある

お薬だと思います。

僕の場合ジプレキサ2.5mgだと小説なら1日2冊ぐらい、時間にして4,5時間読めたり

5.0mgだと日商簿記2級の勉強が1日2.3時間できるぐらい陰性症状に効果がありました。

体重増加の副作用

ジプレキサは、とても良いお薬で症状がとても安定するお薬で、回復する人は一般就労に十分いけるような

お薬みたいです。

しかし、問題となるのは副作用で食欲がすごく出たり、代謝が悪くなって体重がすごく増加することです。

ジプレキサを製造しているイーライリリー社によると、体重増加は用量に関係なくどの量でも変わらないと

しているそうですが、僕が実際に服薬した感じでは用量が増えていくごとに、食欲増加と代謝の低下が増していく

感じです。

僕の場合ですが、ジプレキサ2.5mgだと努力次第で十分体重を減らす事ができました。

しかし、5.0mgになると1日1時間ウォーキングをしたり、バランスの良い食事をとっても食欲が出てしまい

体重を減らすことは不可能で、なんとか体重をキープするのが限界でした。

体調が一時的に悪くジプレキサを12.5mg服用していた時もありましたが、その時は1ヶ月で5kgぐらい

体重が増えてしまったこともありました。

しかし、ジプレキサを長期間服用することで体重増加の副作用が収まることもあるそうです。

僕は数年5.0mgを服用していた事がありますが、確かにしばらく服用していくと体重増加が収まる事が

ありました。それでも、減らすことは不可能でした。

ジプレキサの体重増加は、ある程度の用量になると運動や食事で体重をコントロールする事ができなくなるみたいです。

ジプレキサの用量の見極め

ジプレキサは、陽性症状、陰性症状、認知機能障害にとてもよいお薬で、気分安定薬にもなり不安を落ち着けたり

気持ちの鎮静作用もあるとても良いお薬です。

しかし、副作用の体重増加はとても問題だと思っています。

いくら精神面で安定していたとしても、体重が増加し続けると、身体での問題や糖尿病も引き起こすことも

あるお薬です。

まずは少しづつ用量を調節して、自分の精神状態や身体の状態を確認した上で服薬するのが大事だと思います。

僕の考えですけど、あまりにも体重増加がひどい場合は変薬する事が大事になってくると思います。

話は逸れますが、ジプレキサと似たようなお薬で体重増加が起こりにくいシクレストというお薬があります。

僕の主治医にジプレキサに変わるお薬はないかと相談したところ、シクレストを処方してくれました。

シクレストに関してはまた違う機会にお話ししていこうと思います。

理想なのは、ジプレキサでも精神面と身体の面でいい落とし所のある用量が見つかる事だと思います。

それには、自分の精神面での体調の変化や、身体面での変化をしっかり把握して主治医と相談して

じっくり改善していく事が大事になってくると思います。

最後に

僕の場合ですけど、体重の増加さえなければ、ジプレキサ単剤でやっていくのがとても理想だと思っています。

僕は症状が悪化したこともあり、服薬する用量が増えてしまったことでジプレキサを服用するのは現段階では

服薬しておりませんが、もしかすると今後単剤ではなく混合で少量のジプレキサを服薬することもあるかもしれません。

人によっては、ジプレキサが合わず、他の抗精神病薬がピッタリハマって良くなることもよく聞きます。

自分に会うお薬を見つけるために、変薬することはとてもリスクがあり、勇気のいることですが、そこは

主治医との信頼関係を築いてやっていく事が大事だと思っています。

僕のジプレキサの服薬した経験から話していきましたが、少しでも力になれば幸いです。

統合失調症はお薬と一生付き合っていく病気なので、しっかり自分のことを知って、安全第一で考えてもらえれば

と思っています。

それでは今回はこれで失礼します。

またよろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

-
-

© 2022 ryo blog〜日々の日記 Powered by AFFINGER5