統合失調症

現在の僕の統合失調症のお薬の効果と、それでも不十分な陰性症状の悩み

こんにちは、ryoです。

今回は、今現在の僕の統合失調症のお薬の効果と、陰性症状の悩みについてお話ししていこうと思います。

それでは始めます。

処方されている薬

現在僕は、シクレスト5mg、ラツーダ80mg、リーマス600mg、ジェイゾロフト50mg

メイラックス2mg、ルボックス50mgを処方してもらっています。

それぞれのお薬の効果についてお話ししていこうと思います。

シクレストは、陽性症状を抑えるのにとても役立っています。シクレスト5mgでは効果は不十分

のためラツーダ80mgと組み合わせることで陽性症状をほとんど抑えることができています。

クロルプロマジン換算値でいうとだいたい500mgになると思います。

お薬の量は多くもなく、少なくもなく副作用がひどく出るわけでもなくちょうどいい塩梅になっていると

思います。

あと、シクレストは陰性症状に効果を発揮しています。

抗精神病薬でラツーダ80mgだけを服用していた時と比べ、できることがかなり増えました。

四日に一度筋トレをし、週に四日ぐらいサイクリングをし、毎日このブログを更新することができ

近くのスーパーに買い物に行けるようになりました。

それ以外のことは、まだベッドに横になってスマホをいじっていることほとんどですが、

シクレスト5mgを服用するようになってからかなり陰性症状が改善されたと思っています。

目標としては、デイケアに毎日行けるようになって、就労継続支援A型事業所に毎日通うことです。

リーマスについては、気分の高揚を抑えてくれる役割を果たしてもらってます。

ラツーダ、シクレストは気分を上げてしまう効果があるため、リーマスを服用しないと

気分が高揚し、過活動を引き起こし、興奮し、考えが無意識にどんどん溢れ出すようになり

精神状態が悪くなってしまいます。

以前はリーマス400mgで抑えられていたのですが、シクレスト5mgを服用するようになってからは

先ほど言った症状が抑えられなくなり、リーマス600mgで症状が抑えられるようになりました。

ジェイゾロフトは、鬱症状をおさえてくれています。

僕は、気分の落ち込みがひどく、一時期はベッドに横になっていても、気分の落ち込みからひどく

精神状態が悪く、辛い状態が続いていました。

いつも死にたいと思っており、体も自由に動かすことができず、鬱がだいぶ進行していました。

ジェイゾロフトは気分の落ち込みに効果があると、主治医はおっしゃっていて、実際に服用し

しばらくすると、気分の落ち込みがかなり改善され、死にたいと思うのもほとんどなくなりました。

一時期はジェイゾロフト75mgまで服用していたのですが、今はだいぶ落ち着いたので50mgで

安定しています。

メイラックスは、不安を取り除くために服用しています。

僕は、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬に依存しており、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬を服用しないと

不安を抑えることができません。

ジェイゾロフトやシクレスト、ラツーダ、ルボックスにも不安を抑える効果はあると思いますが

これらのお薬では不安を抑えることができず、メイラックスを服用しないと激しい不安に襲われて

しまいます。

その不安感から、陽性症状が出てしまうこともあるぐらいですから、僕は今のところベンゾジアゼピン系の

抗不安薬からの依存からは離れられそうにありません。

最後にルボックスですが、ルボックスは今から約一週間ぐらい前に飲み始めたお薬です。

僕は、夜になると強い恐怖感が出て、強迫観念の症状があります。

メイラックスでは、その恐怖感を抑えることができなかったため、強迫性障害に効果のある

ルボックスを服用するようになりました。

ルボックスを服用するようになって一週間ちょっと経ちますが、ずいぶん夜の強迫観念が薄らいだ

ように思えます。

まだ、怖いことを無意識に考えてしまうことはありますが、精神症状が強く悪化することはあまり

なくなりました。

おそらくあと数週間飲み続けていると効果がさらに発揮し、症状が軽くなってくると思います。

副作用も今のところ、出ていないので、効果がもし足りないと感じたら増量するのもありなのでは

ないかと思っています。

現在の自分の悩み

今処方されているお薬を服用することで辛い精神症状はずいぶん抑えられていると思います。

特に不安感や興奮、恐怖感といった精神症状はずいぶん楽になりました。

しかし、統合失調症の一番厄介な症状である陰性症状については全然改善が足りていないと

思っています。

陽性症状に関しては、よほど疲れていないか精神症状が出ていない限り、ほとんど無症状ですが

陰性症状に関しては常時意欲の低下、自閉、感情鈍麻、平板化が起きているのが当たり前になっています。

確かに、シクレストとラツーダを服用することによって、陰性症状は少し改善しできることも増えましたが

それでも日常生活においてはまだ不便できついことが多いのが現状です。

陰性症状はなかなか改善することがないため、長い時間を使って少しづつ回復していくのを

期待するしかないと思っています。

現在の陰性症状の症状の強さからいくと、就労継続支援A型事業所に毎日通うのは不可能だと

思います。

かといって、お薬の処方をこれ以上変える手段はほとんどないと思います。

少しでも、体を休めて、サイクリングや筋トレ、このブログを書くことなどでリハビリし

長期的に回復するのを考えていくことが最善だと思っています。

金銭的に、障害基礎年金2級を受給していることと、実家で過ごしていることから

生活に余裕があるわけではありませんが、なんとか生活できているので、長期的に回復するのを

待つことができることは大きいと思います。

いつか就労継続支援A型事業所に毎日通えるようになって、少しでも社会貢献できるようになれたらと

思っています。

最後に

今回は、僕の現在のお薬の効果のお話しと、陰性症状の悩みについてお話ししてきました。

今僕が処方されているお薬は、おそらく今でているお薬の中ではベストな処方になっていると

思います。

陰性症状以外の精神症状に関しては、ほとんど抑えられており、副作用も辛いと感じることは

ほとんどありません。

もしお薬の処方が変わるとしたら、陰性症状に効く新しい抗精神病薬の新薬が出たときだと

思います。

去年ラツーダが発売されたばっかりなので、おそらく数年はこの処方を続けていく可能性が高いのでは

ないかと思います。

もしかすると、症状の具合によって種類は変わらなくても用量は変わっていく可能性はだいぶあるかも

しれません。

陰性症状については、先の見えない話なのでどうなっていくかわかりませんが、長くお薬を服用することで

少しでも回復し、またできることが増えていければ良いなと考えております。

僕の中では、意欲の低下は少し改善していくような気がしています。

しかし、自閉、感情鈍麻、平板化については改善するのはかなり難しいのではないかと思っています。

これらの症状は、日常生活においてだいぶ辛い症状ですが、ちゃんと受け入れて生活の一部にすること

が大事になってくると思います。

それでは今回はこれで失礼します。

またよろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

-統合失調症,
-

© 2022 ryo blog〜日々の日記 Powered by AFFINGER5