統合失調症

統合失調症の僕の現在の日常生活。統合失調症闘病記

こんにちは、ryoです。

今回は統合失調症の僕の現在の日常生活。統合失調症闘病記という題名でお話ししていこうと思います。

それでは始めます。

起床

今僕は夜の11時頃に寝て朝の5時頃に起きています。

しかし、ここ二、三日は寝る前のお薬を服用する前に眠ってしまい夜中の2時頃に目が覚めて

朝方まで起きてそれから寝る前のお薬を服用して眠っていたりします。

でも、基本的にはきちんと寝る前のお薬を服用して寝て朝に起きるようにしています。

朝起きてやることは、朝食を食べて朝食後のお薬を服用することです。

これから、やっと統合失調症の1日が始まるなという気がします。

朝食が済んだら、まずTwitterをします。

おはようのツイートにいいねを押して、一通りいいねを押したら自分のおはようツイートを

します。

僕のツイートを読んでくれている方は気づいているかもしれませんが、僕のツイートは文字制限

いっぱいまで書くようにしています。

そのほうがいろんなことを伝えられるからと、文章が整えやすいからです。

ツイートを書くのが終わったら、最近始めたウォーキングかサイクリングに出かけます。

初めは二日続けて運動するのは体力的にも精神的にも参ると思い、やめていたのですが

ウォーキングもサイクリングも40分程度ならほぼ毎日やっても疲れは残らないし精神的に参ることも

ないようです。

ウォーキングかサイクリングから帰ってきたら、一つツイートをしてこれからが統合失調症との闘病の

始まりです。

陰性症状から何もすることがない

大体ウォーキングかサイクリングから帰ってくるのは朝の8時から9時の間ぐらいです。

これからは本当に何もすることがありません。

何もする気になれずただベッドで横になっているだけです。

これのどこが闘病なのかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、統合失調症の

陰性症状というものは、とても不快なものです。

僕は、自閉と、感情鈍麻と、意欲の低下が主な統合失調症の陰性症状です。

健常者の方なら、ただ暇だなと思うところかもしれませんが、陰性症状があると

言葉に表すことはできませんが、常に苦しい状態にいることになります。

ベッドで横になっていても、リラックスすることはなくお薬の副作用から足がむずむずして

じっとしていることができず、かなり不快な思いをします。

これが、何時間も続くわけです。

息抜きになるときは、昼食の時と夕食の時とシャワーを浴びるときぐらいです。

とてもつまらないかもしれませんが、基本的には僕は一日中ベッドで横になっていることが多いです。

たまにお昼になると、あまりに苦しくて、姉を部屋に呼び出し、話し相手になってもらいます。

話し相手がいると、気が紛れるのか少しじっとしておくことが楽になります。

姉は働きに出ておらず、家のこと全般をやっています。

その合間を縫って、僕の話し相手になってくれています。

一時期は毎日話し相手になってくれていました。

僕が苦しんでいるのを分かってくれているみたいで、嫌な顔ひとつしないで話し相手になってくれます。

こういうときに、家族に助けられているなとつくづく実感します。

姉とは大体昼の1時ぐらいから3時ぐらいまで話しています。

何も話していない時もありますが、隣に誰かいてくれるだけで、ずいぶん気持ちが楽になることがあります。

それから3時を過ぎると姉は夕食の準備を始めるので、僕はシャワーを浴びて息抜きをしています。

うちは夕食がかなり早い方で夕方の4時ぐらいに夕食を食べ始めます。

夕食を食べ、夕食後のお薬を服用し、それからはまたベッドでずっと横になっています。

お薬を服用したからといって、楽になるわけではなく、たまにTwitterをしていますが

また基本的には、統合失調症の陰性症状との戦いです。

ただ何もすることもなく、辛い症状をじっと我慢して、ベッドで横になってただ時間が過ぎていくのを

待っています。

以前は、YouTubeやアニメ動画などをみることもできましたが、陰性症状が少し進んだことから

本当にTwitter以外ほとんどなにもしていません。

調子のいい時にこのブログを書くぐらいです。

そして夜になり、夜も日中と同じく、陰性症状と戦いながら、ベッドで横になってただ時間が過ぎていくのを

待っています。

ですが理由は分かりませんが、夜の9時ぐらいを回ると、症状が軽くなって、少しリラックスするようになります。

それから寝るまでの間の数時間が、1日のうちで数少ない休息の時間です。

そして、夜の11時から12時の間に眠ることになります。

最後に

今回は、統合失調症の僕の現在の日常生活。統合失調症闘病記というお話をしてきました。

今回このような記事を書いたのは、統合失調症を患っている人の日常生活というものはどんな

ものか同じ統合失調症の方が知りたいのではないかと思いこの記事を書いてみました。

統合失調症といってもいろんな方がいますから、苦しさは人それぞれだと思います。

僕の統合失調症の苦しみは陰性症状で、何もすることができないことが多いことと、その時間帯が

リラックスしているわけではなく、常に苦しんでいるという状況です。

僕は、何度か再発をしており、約一年前までA型事業所に通っていました。

しかし、A型事業所を辞める半年間以上は出勤することはありませんでした。

僕はこのA型事業所でずいぶん無理をしたため、今苦しい状態にいます。

統合失調症は症状が回復するまでにずいぶん時間がかかるため、今は苦しい思いをしていますが

あと数年もすれば、ずいぶん日常生活も楽に暮らせるようになると思っています。

今僕は、統合失調症が回復している段階で、これ以上悪化しないように家族に甘えて

無理なことは一切しないような生活を送っています。

家族に対して、何ができていることといったら、僕が生きていることと障害年金を半分家に入れている

ことぐらいです。

今は統合失調症を回復することしか頭にありませんが、いずれはまたA型事業所に通って、お金を稼いで

少しでも生活を豊かにしたいと思っています。

僕はまだ35歳なので社会貢献もしたいです。

まだずいぶん先の話になると思いますが、いつかは叶えたい目標です。

こんな感じで、ある一人の統合失調症を患っている人の日常生活を書いてみました。

少しでも興味を持ってもらって読んでもらえると嬉しいです。

それでは今回はこれで失礼します。

またよろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

-統合失調症
-

© 2022 ryo blog〜日々の日記 Powered by AFFINGER5