就労継続支援A型事業所

初めての就労継続支援A型事業所〜一般就労への第一ステップ

こんにちは、ryoです。

今回は、僕の就労継続支援A型事業所についての体験談について書いていこうと思います。

僕は二ヶ所、就労継続支援A型事業所に通った経験があり、今回は始めの事業所について書いて

いこうと思います。

それでは始めます。

初めての就労継続支援A型事業所

僕は、就労継続支援A型事業所を利用する前に、一度だけアルバイトを経験しており、

肉体作業の結構きついお仕事でした。

約半年続けましたが、体が疲れて休まないといけなくなり結局退職することになりました。

その後、まだ働きたいと思うようになり、通っている精神科の病院のソーシャルワーカーさんの話で

就労継続支援A型事業所があることを知って、26歳の頃に就労継続支援A型事業所を利用するようになりました。

初めて事業所でお仕事をした時の感想は、これで最低賃金もらって良いのかのというぐらい緩い感じでした。

まだ、福祉サービスを受けるのが初めてだったこともあり、今まで一般のお仕事しかしてこなかったので

ちょっと違和感を感じてました。

確かに、一般のお仕事に比べると、お仕事は緩い感じでスタッフさんも優しくて僕がお客さんみたいな感じ

でしたけど、これが普通で今までの僕が統合失調症を抱えていきなり一般の仕事をしようという感覚が

無理をしていることに気がつきました。

お仕事の内容はキクラゲの収穫、調整、出荷作業でした。

これがすごく僕にあっており、毎日がすごく楽しくて充実していました。

それでもいつか一般就労に行くつもりで2年間ぐらいで退職するつもりでした。

予想外の展開

初めてのA型事業所に通うようになってから2年が過ぎていき、一般就労に向けて運転免許を取得しようと

考えました。

それから、A型事業所でお仕事をしながら自動車学校に通うようになりました。

今の体の状態からでは考えられないくらい状態が良くて、よく10時から15時まで働きながら

その後に自動車学校に通って、それに加えて家では日商簿記2級の資格を取るために勉強していた

と考えると、一般就労でもいける感じでした。

日商簿記2級は受かりませんでしたけど、自動車学校はスムーズに卒業できて、すぐに自動車免許を取ることが

できました。

それから障害者に向けた一般就労支援のセミナーに参加したり、ハローワークの支援員さんに相談しながら着実に

一般就労に近づいていきました。

しかし、思わぬアクシデントが起きました。

僕が事業所を利用するようになってしばらくして入ってきた年配の女性スタッフさんと

少しいざこざを起こしてしまいました。

利用者のごく一部の方にあまりよく思われていなかったみたいで、ちょっとしたきっかけでその女性スタッフさんと

一人の利用者さんから嫌がらせを受けるようになりました。

それからすぐに精神的に参ってしまい、スタッフの責任者の方に相談すればよかったものの意地を張って

対抗してしまい、すぐに体調を崩して事業所を退職することになりました。

一番一般就労に近づいていた時だったため、とても残念でした。

最後に

それから僕は約2年間、家で資格の勉強をしたりセミナーに通ったりして一般就労を目指していました。

しかし、人と接しなくなったり、働かなくなったことでだんだんと自信を失っていき一般就労に踏み切る勇気が

なくなってしまいました。

それで、また就労継続支援A型事業所に通って、自信を取り戻して今度こそ一般就労にいこうと思い

就労継続支援A型事業所を利用することになりました。

その事業所に関しては、また別の機会に話していこうと思います。

初めて通った事業所よりも、2回目の事業所の方が内容が濃くなると思います。

就労継続支援A型事業所に関してあまり詳しくお話しすることは今回はできませんでしたけど、

次の事業所は福祉色が強く、色々とお話しできると思います。

今回はこれで失礼しようと思います。

またよろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

-就労継続支援A型事業所
-

© 2022 ryo blog〜日々の日記 Powered by AFFINGER5