抗精神病薬の力価〜クロルプロマジン換算値の見方と参考値

こんにちは、ryoです。

今回は、第二世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)のクロルプロマジン換算値のお話をして

いこうと思います。

今回も僕の服用した感想を中心に話していこうと思います。

それでは始めます。

クロルプロマジン換算値

まずクロルプロマジン換算値とは、抗精神病薬の量がクロルプロマジンでどのぐらいの量か

計算する方法です。

抗精神病薬は第一世代と第二世代とありますが、僕はほとんど第二世代の抗精神病薬を服用していたので

第二世代の抗精神病薬について話していこうと思います。

僕の服薬した抗精神病薬

まず僕の服薬した抗精神病薬とクロルプロマジンの等価用量について挙げていきたいと思います。

商品名一般名等価用量
リスパダール リスペリドン
エビリファイ アリピプラゾール
ジプレキサオランザピン2.5
シクレストアセナピン4
ロナセンブロナンセリン4
レキサルティブレクスピプラゾール不明
ルーランペロスピロン8
ラツーダルラシドン不明

計算方法や至適用量はhttp://www.comhbo.net/?page_id=4370を参考にしてください。

クロルプロマジン換算値はあくまで目安

僕は、お薬を変薬した時にあくまで目安としてクロルプロマジン換算値を見ています。

お薬によって、作用が全然変わってきますので同じ数値で症状が抑えられるかといったら違います。

例えばですけど、僕はジプレキサ5.0mgでコントロールできていたときがありました。

数値で言えば換算値200mgになりますが、ロナセンに変薬して16mg服用していて換算値400mg

になりますが、陽性症状がでてコントロールする事ができませんでした。

お薬が人によって合う合わないもあると思います。

エビリファイ24mgとルーラン16mgを服用していた時も、陽性症状をコントロールする事ができず

換算値800mgになりますが、エビリファイ24mgをジプレキサ5.0mgに変えて、ルーラン16mgと混合で服用

していた時は換算値400mgになりますが、陽性症状を十分コントロールできていました。

あくまで目安として考えた方がいいと思います。

まずは主治医に相談

僕が、初めてクロルプロマジン換算値を知った時、数値だけを見ていました。

このぐらいの値なら変薬しても同じ数値にすれば大丈夫だろうと思い

主治医に違うお薬を処方して欲しいとよく言っていました。

僕の主治医は患者の話をよく聞く先生で、症状が悪くならないと判断すると

お薬を患者の意思を尊重して変薬してくれます。

僕は、よく体重を気にしていたので太りにくい傾向のあるお薬に変薬したいと

よく主治医に相談していました。

その時、主治医はクロルプロマジン換算値で計算することはあまりなかったと思います。

変薬してクロルプロマジン換算値が下がっても、症状が逆に安定したこともあります。

お薬を詳しく調べていくと分かりますが、脳に作用するポイントがお薬によって

全然違うため、数値だけでは判断できないところがあります。

僕は、このお薬を試してみたいと思った時は、まず主治医に相談してお薬の量を

調整してもらいます。

それで、症状が出た時は、主治医に色々と質問を投げかけます。

お薬を服用するのは患者であり、患者でしかわからないところもあるので

たまに主治医よりも自分の判断が良かった時があります。

まずは、主治医との信頼関係を築き、コミュニケーションをよく取れるようになる事が

すごく大事になってくると思います。

最後に

今回は、クロルプロマジン換算値について話していきました。

この数値は主治医に薬について相談する時に、数値が極端に下がった時や

まだお薬の量が足りないと感じた時に、増量してもらえないかなどコミュニケーションを

取る材料として、あくまで参考程度に使っています。

数値だけで判断するのは危ないと思うので、主治医に相談しながらお薬を決めていく

のが大事だと思います。

今回は、お薬の量を計算できる目安になるものがあるということを紹介しようと思い

話していきました。

自己判断で決めるのは危険なので、あくまで目安として参考してもらえればと僕個人は

思っています。

お薬のことを知ることは、いいことでもあり、悪く作用することもありますからよく

考えて、お薬について調べるか判断するといいと僕は考えています。

それでは今回はこれで失礼します。

またよろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

-
-

© 2022 ryo blog〜日々の日記 Powered by AFFINGER5