統合失調症

運動したくても体が動かない。陰性症状だと脳が体を動かすのを拒否する

こんにちは、ryoです。

今回は、運動したくても体が動かない。陰性症状だと脳が体を動かすのを拒否するというお話をしていこうと

思います。

それで始めます。

そもそもやる気が出ない

まず、陰性症状が出ている状態だと、何もする気が起きなくなってしまいます。

今日の僕は、ウォーキングをしようと思っていました。

しかし、陰性症状が出ていて、何かやる気が出ず、やっぱりやめておこうと思い

いつものようにグータラしていました。

しかし、朝食後に服用したお薬が効いたのか、少しやる気が出てくるようになり

やっぱりウォーキングをしてみるかと思うようになりウォーキングに出かけました。

それでも、あまり乗る気ではなく、健康のためにウォーキングをしようと思っていたため

少し無理やりウォーキングに行った感じでした。

その結果、ウォーキングを始めて、数分で頭がすごく拒否反応を起こすようになり

すぐにウォーキングをやめて家に帰っていきました。

統合失調症の陰性症状は疲れと密接な関係があります。

陰性症状は疲れが溜まっているときや、疲労を感じているときに強く起こります。

十分休んでおいて、気力も溜まり、いざウォーキングなどを習慣にしようと始めるのは

いいのですが、少し疲れてしまうだけでも、陰性症状が起きてしまい、継続して物事を

続けることができなくなります。

一番いいことは、ひたすら怠けることです。

ずっと怠けておいて、正直かなり時間はかかりますが、いつかは何か始めようという気になる時が

くることがあります。

そのときに、ちょっとしたことでもいいので、始めてみて、継続することは考えずにやりたいと思った時

だけ何かを始めるのが一番いいと思います。

かなり自堕落な生活になると思いますが、やりたいと思った時だけ何かをし、何もしたくないと思った時は

何もしないような生活を送っていくことが一番統合失調症の陰性症状の回復に近づくと思います。

まず統合失調症になったら、頑張ろうという気持ちを忘れることが大事だと思います。

やりたいと思った時だけ何か行動し、何もしなくないなと思ったら、何もしないような生活を

ストレスを感じないように送るようになることがとても重要になってきます。

統合失調症の陰性症状はインターネットや本などの情報だと、何もやる気が出なくなり、意欲が低下し

ずっとベットで横になっているだけの生活になるようなことが書かれていますが、実際に当事者としては

少し違うような感じもします。

多分ですけど、陰性症状の重い軽いがあって、重いかたはインターネットや本に書いてあるような何もできない

状態になると思います。

僕も一時期そういう状態にありました。

しかし、陰性症状が軽い状態の時は、何もやる気がない状態でも、スマホを見ていたり、今僕がブログを書いている

ように好きなことは若干できるような気がします。

そこが、病気の症状ではなくて、怠けているだけだと思われてしまうところなのではないかと思います。

僕はウォーキングは好きな方です。

ウォーキングをすると疲れますが、ウォーキングは全身運動で体を満遍なく動かすことができ

ウォーキングをし終わった後、シャワーを浴びて、麦茶をたくさん飲んで、快適な部屋でベットで

のんびりしていたりすると、とても気持ちよくクセになります。

今は、陰性症状が少し強く出ているため、ウォーキングをやりたいと思う気持ちがあっても

脳が拒否してしまうため、今日はウォーキングをすることができませんでした。

今僕の脳はゆっくり休めといっているような気がします。

最近少しお薬を減量して失敗したこともあり、脳がまだお薬に慣れておらず疲れを感じているの

だと思います。

運動したくても運動することができず、もし運動をすることができたとしたら、健康にも良く

快適な気持ちになるとわかっていても、統合失調症の陰性症状は運動することを拒否してしまいます。

運動して身体的には快適になっても、精神的には無理をするなと言っているようです。

容赦無くそういう時は脳は運動することを拒否し体を動かすのを拒否してきます。

本当に厄介な症状だと思っています。

最後に

今回は、運動したくても体が動かない。陰性症状だと脳が体を動かすのを拒否するというお話をして

きました。

統合失調症の陰性症状は運動に限らず、やりたいことがあっても、体を動かすのを拒否することがあります。

今僕がブログを書いていますが、ある程度脳に疲れが溜まったり、意欲を失ってしまったら、ブログを書こうと

しても体を動かすことを脳が拒否しだすと思います。

統合失調症の陰性症状はコントロールすることがほとんど不可能です。

規則正しい生活を心がけて、無理のない行動をし、十分体を休めていても突然陰性症状はやってきます。

陰性症状はお薬もあまり効かないことがあり、陰性症状が強くで始めた時は、ただぐっと症状が軽く

なるのを待って、耐えるしかありません。

何度も言いますが、本当に厄介な症状です。

今のところ、よほどお薬があっていない限り、統合失調症の陰性症状は根本的に改善することがないため

頑張らないことと、無理をしないことなどを心がけていくしかないと思います。

早く、統合失調症の陰性症状の特効薬が出てきて欲しいところです。

それでは今回はこれで失礼します。

またよろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

-統合失調症
-

© 2022 ryo blog〜日々の日記 Powered by AFFINGER5