統合失調症 陰性症状

アニメが見れない。統合失調症の陰性症状とお薬の関係の謎

こんにちは、ryoです。

今回は、アニメが見れない。統合失調症の陰性症状とお薬の関係の謎についてお話ししていこうと思います。

それでは始めます。

陰性症状の改善はお薬の種類によって様々

統合失調症の陰性症状が出ている方で、体を動かすことができるけど、本やゲーム、動画視聴などは

できないといった方は多いのではないでしょうか。

ある特定のことはできるのに、違う分野になると全くできなくなるといったことが統合失調症の陰性症状と

お薬の間で起こることがあると思います。

僕は第二世代の抗精神病薬をほとんど試したことがあります。

その中で、陰性症状に効くと言われているお薬で、いろんな陰性症状の改善の効き方を経験したことが

あります。

例えば、ルーランですが、ルーランは陰性症状によく効くと言われています。

実際に僕が服用した感想は、確かにできることが増えた印象があります。

アニメを長時間見ることなどや、外出したくなることなど、運動したくなることなどそういったことが

改善されていきました。

しかし、ある特定の分野になると全くできないこともありました。

まず本を一切読むことができなくなりました。

これは、統合失調症の陰性症状によるものなのか、お薬の作用によるものなのかいまだにわかりません。

次にシクレストを例に出そうと思います。

僕はシクレストを10mg服用すると、陰性症状がかなり改善され、長時間の読書ができるようになり

YouTubeなどの動画も長時間見ることができ、いろんなことに対して意欲がとても出るようになりました。

しかし、外出したり、運動したりすることに関しては、多少の改善はあったものの少し億劫に感じることが

ありました。

シクレストも陰性症状にはとてもよく効くお薬と言われていて、確かに、実際に服用してそう僕は感じました。

しかし、先程のルーランと照らし合わせてみると、どちらも陰性症状によく効くと言われているお薬ですが

できることがそれぞれ変わってきてしまいます。

これは、僕の勝手な考えですが、陰性症状によるものではなく、お薬の作用によるものだと思っています。

陰性症状には謎が多く、陰性症状と呼ばれているものの中には、お薬の作用によるものでできていたことが

できなくなってしまうと見解を述べる人もいます。

僕も、そう感じたことがあります。

僕は、一度断薬をしたことがあり、ある一定の期間は陰性症状を感じたことがありませんでした。

今までできなかったことは、陰性症状によるものではなく、お薬の作用によるものだったと僕は感じました。

しかし、ここで疑問も出てきます。

断薬した当時は陰性症状自体があまりなかったという考えです。

その当時僕はまだ再発したことがなく、統合失調症の症状が非常に軽かったことがあります。

現在は、ずいぶん統合失調症の症状がひどくなり、陰性症状も強く感じています。

しかし、それでもお薬の作用によってできていたことができなくなったと思っています。

今現在僕は抗精神病薬はシクレスト5mgとラツーダ80mgを服用しています。

この二つのお薬は陰性症状によく効くと言われていて、実際に僕も服用していてできることがずいぶん

増えました。

この二つのお薬に関しては、できていたことができなくなったという感じはもっていません。

むしろシクレストを以前のように10mgに増量すれば、また読書ができるようになったり

アニメを見れるようになったりすると思います。

陰性症状はお薬の作用によるものではなく、実際に統合失調症の症状の一つであり、お薬で改善するものだと

思います。

しかし、僕の勉強不足かもしれませんが、陰性症状とお薬の間には謎があり、簡単に説明することができないと

思っています。

お薬は実際に服用してみなければ分からないというのが一番よく当てはまるのではないかと思います。

最後に

今回はアニメが見れない。統合失調症の陰性症状とお薬の関係の謎というお話をしてきました。

今回の記事については、皆さん読んでいて謎が多かったのではないでしょうか。

一応、僕のお薬の服薬の体験談を含めて統合失調症の陰性症状について語ってきましたが

書いている本人がまだよく分かっていないことだらけだったので、説得力の欠ける記事になった

かもしれません。

しかし、統合失調症の陰性症状とお薬に関して分かっていることは、陰性症状は実際に統合失調症の

症状の一つで、お薬の作用によるためのものではなく、お薬によって改善するものだと思っています。

しかし、お薬の中には服用することでできていたことができなくなる作用もあると僕は思っています。

まだ答えを出すのは早いと思いますが、結局はお薬は服用してみないと分からないことと

自分にあったお薬を見つけることが大事だと思っています。

統合失調症の陰性症状は一番厄介な症状だと思うので、少しでも改善できるように

お薬をきちんと服用し、主治医にきちんと相談できるような信頼関係を築いていくことが

陰性症状の回復の大きな一歩だと思います。

それでは今回はこれで失礼します。

またよろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

-統合失調症, 陰性症状
-

© 2022 ryo blog〜日々の日記 Powered by AFFINGER5