就労継続支援A型事業所

就労継続支援A型事業所とはどんなところで一般就労とは違いどんな福祉サービスを受けれるか

こんにちは、ryoです。

今回は、就労継続支援A型事業所がどんなところか、また一般就労との違い、どんな福祉が受けられるか

についてお話ししていこうと思います。

それでは始めます。

就労継続支援A型事業所について

以前お話ししたこともありますが、僕は就労継続支援A型事業所を2カ所通った経験があります。

1カ所目は農業を中心とした事業所で、2カ所目は農業、パソコン事業、清掃事業、下請けの内職作業

等など幅広く手がけた事業所でした。

この二つの事業所に共通して言えることは、一般のアルバイトやパート並みの仕事内容だったのではないかと

思います。

一般就労にいくのが難しくて、A型事業所を利用する方も多いのではないかと思います。

A型事業所は基本的には一般就労に向けた、ステップアップの場所だというのが本来の

目的だと思います。

しかし、精神障害、身体障害、知的障害を持っている方で現実的に一般就労にいくことは

不可能な方もたくさんいると思います。

A型事業所は、そのような方が社会と繋がり、仕事をすることができる場所でもあると思います。

実際に、一般就労では雇用されず、A型事業所で定年まで働こうとしている方もいらっしゃいました。

実際、僕も以前は一般就労に向けた体力づくりや自信をつける場所としてA型事業所を利用していましたが、

病状が悪化した今では、A型事業所で長く働いていこうと考えています。

A型事業所の仕事内容は、一般就労に近いものがありますが、福祉的な配慮をしてくれる分

かなり負担が少なく、真面目にお仕事に取り組んでいけば、とても身体的にも精神的にも恵まれた

環境になるのではないかと思います。

それは、利用者さんが雇用契約を結び、従業員であると同時に福祉サービスを受けるお客さんのような

立場にあることです。

もちろん従業員である以上、お仕事をサボったり、不真面目な態度をとると、注意を受けます。

しかし、障害を持っていて、お仕事のノルマについていけなくても、真面目に取り組んでいけば

解雇されることはほとんどないと思います。

障害を持った方それぞれに合った、仕事内容、福祉的配慮を行ってくれるのがA型事業所だと

思います。

どんな方が多いか

A型事業所は一般的には精神障害を持っている方が多く採用される傾向にあるようです。

しかし、事業所によってそれは様々になってきます。

事業所の中には、経営を重点においたA型事業所もあり、精神障害を持っている方の中でも

優秀な人しか採用しない事業所もあります。

おそらくそれは基本的には利用者さんの賃金は仕事の収益によって支払われなければならないと

決まっているからです。

厳格に決まっているわけではありませんから、給付金から利用者さんの賃金を支払っているところ

がほとんどだと思います。

そういった事業所は、経営改善の計画書を提出し、改善が認められない場合は最悪の場合

A型事業所の指定を取り消されるようです。

100%、お仕事の収益だけで利用者さんの賃金を払えている事業所は正確な数字はわかりませんが

かなり少数になってくると思います。

そういったことから、身体障害の方や知的障害の方様々な障害を持っていて、一概には言えないですが

仕事をこなす能力が高い精神障害の方がA型事業所には多いようです。

しかし、元々が福祉の畑からお仕事をやってきた経営者の中には、少しでもお仕事を提供することができるなら

すぐに採用してもらえる事業所もあります。

A型事業所は色々な事業所がありますが、僕の住んでいる地域のA型事業所は基本的に採用されることが

ほとんどです。

しかし、地域によってはA型事業所でもなかなか採用されないところもあるようです。

雇用契約を結び、最低賃金が保証されていることから、事業所としては優秀な人材を採用したいという

ところもあるのかもしれません。

福祉サービス

福祉サービスはおそらくですけど事業所によってかなり変わってくると思います。

僕が初めて通ったA型事業所では、障害を配慮してくれること、負担をかけすぎないこと

優しく接してくれること以外に福祉サービスといったものはなかったように思えます。

特に面談に力を入れているわけでもなく、積極的にスタッフの方から関わってくることは

ありませんでした。

それは、個別支援計画書に基づいて対応しているのかもしれませんが、ドライな環境の事業所でした。

しかし、2カ所目に通ったA型事業所は、経営よりも福祉を重視する事業所で、面談に力を入れたり

利用者さんの意向に応じて仕事を決めたりと、利用者さんファーストの事業所でした。

利用者さん同士の揉め事やトラブルがあると、プライベートの時間まで割いて対応してくれる

スタッフさんもいました。

それはいきすぎたことなのではないかと思いますが、それぐらい利用者さんが目指しているものや

目的などにできるだけ対応する事業所でした。

しかし、福祉サービスについては答えのない問題になってくると思います。

どういったことが、福祉サービスでそれが利用者さんにとって良いことなのかはわからないことだと

思います。

基本的には個別支援計画書の内容に基づいて、福祉サービスを行うものだと思いますが、

これは人によって随分異なり、利用者さん側の方が個別支援計画書のことについてよくわかっておらず

自分がどんなことを事業所に求めているか、正しく伝えられていないケースも多いようです。

サービス管理責任者の中には、利用者さんの意識の低い方には、面談に力を入れず、形だけで

個別支援計画書を書く方もいるようです。

もしA型事業所を利用したいと思っている方は、A型事業所というところはどんなところでどんなサービス

が受けられるのかしっかり調べて、自分が目標にしているものを明白にして事業所選びをするのが良いと

思います。

最後に

今回は、就労継続支援A型事業所について詳しくお話ししてきました。

あくまで僕の実体験と経験からお話ししてきたので、もしかすると間違っていることも

多いかもしれません。

ですが、A型事業所を利用する方は、はっきりとした目的や目標を持って利用されるのが

いいと思っています。

A型事業所だからゆるいとか楽だとかそれで最低賃金は保証されているからいいといったことを

思っている方が僕の周りには何人かいました。

A型事業所だからといってどこも環境が良いとは限りません。

自分の考えにあっていないA型事業所を選ぶと、随分苦労することになると思います。

そこはしっかり事前に調べて、面接を受ける前に体験を受けるなどして準備を整えておいたほうが

良いと思います。

それでは今回はこれで失礼します。

またよろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

-就労継続支援A型事業所
-

© 2022 ryo blog〜日々の日記 Powered by AFFINGER5