就労継続支援A型事業所

2カ所目のA型事業所〜僕の人生の中で最も成長させてもらった場所

こんにちは、ryoです。

以前書いた記事に初めての就労継続支援A型事業所の話をしたと思います。

今回は、2カ所目の就労継続支援A型事業所のことについてお話ししていこうと

思います。

それでは、始めます。

A型事業所はどこも同じだと思っていた

初めて通ったA型事業所を退職してから、約2年経ってまたA型事業所に通おうと思うように

なりました。

初めて通ったA型事業所は、緩い感じで仕事はしっかりしないといけなかったですが、スタッフさんの

距離感もよくとても快適でした。

A型事業所はどこも同じだと思い、仕事内容は前の事業所と似たような農作業を選び

すぐに2カ所目のA型事業所に通うようになりました。

ですが、2カ所目のA型事業所は思っていたものとは全然違っていました。

初めはよく分かりませんでしたが、何故が仕事をしていてとても緊張感があり

落ち着かない感じでした。

仕事に没頭しているわけでもなく、嫌な緊張感でした。

以前のA型事業所は、スタッフさんが特に福祉的に干渉する事がなく

優しく接して仕事を教えてくれるだけだったと思います。

しかし、2カ所目のA型事業所は、スタッフさんがピリピリしていて

常に利用者さんをみている感じでした。

これは、現場を仕切っていた統轄のスタッフさんの考え方みたいでした。

常に周りを見て、利用者さんに何か起こらないかみていて、少し過保護なところもあり

こっちとしては、常に監視されているみたいで、気が張っていました。

もう少し、自由に自分たちで考えて行動させてくれると少しはリラックスできていたのでは

ないかと思います。

すると、だんだんと事業所に通うのがきつく感じるようになり、憂鬱な気分になるようになりました。

辛い畑作業

事業所に通うようになり、数ヶ月経つと新しい畑作業が始まりました。

僕はそのメンバーに入ることになり、ほぼ毎日畑作業をするようになりました。

その畑作業は、ほとんど一般のお仕事と変わりがないか、少しきついぐらいの

仕事内容でした。

機械の操作もする事があり、初めての機械での作業だったこともあり、とても緊張して

気が張っていました。

しかし、そこでも僕が苦しかったのは、スタッフさんの利用者さんの仕事の指示などの

仕事ぶりでした。

スタッフさんは、常に利用者を見ていて、段取りもしっかり考えていて、僕からみていて

ゆとりが全くありませんでした。

スタッフさん自体は、とても優秀で、人柄もいい方が多く、僕は人としてはとても好きでした。

しかし、現場の方針が僕に合っておらず、仕事が好きになりませんでした。

現場を取り仕切っている統括も、仕事に関しては正直嫌いでしたけど、人としてはとても優しく

みんなに頼られる人でした。

もしプライベートで話す事があったら、意外と尊敬できる人だったと思っています。

畑作業は、色んなお仕事をさせてもらいました。

トラクターは乗ることはありませんでしたけど、先ほどもいった機械の操作や

ビニールハウス内での作物の収穫調整出荷作業、路地にある畑でのサニーレタスや

ブロッコリーの定植作業、苗づくり、寒冷紗の取り付け、除草、トンネル作り、マルチはり

他にもいろいろなお仕事をさせてもらいました。

正直、肉体的にとてもキツかったです。

最低賃金以上もらえてもいいのではないかと思いました。

スタッフさんも、体力的にだいぶ参っていたみたいで、熱中症にかかる

スタッフさんがたくさんいました。

色んな利用者さんがいると思いますけど、僕の感想としては統合失調症で疲れやすい

僕にとっては、オーバーワークだったような気もします。

それでも、何も言わずにスタッフさんに大丈夫かと聞かれても、問題ないと答えていて

しまいには、統合失調症の他に鬱にもなってしまいました。

これが完全に僕の自業自得でした。

スタッフさんの中には負い目を感じていた方もいましたが、すごく良くしてもらって

いたスタッフさんだったこともあり、自己責任ですと言ったもののすごく申し訳なく思い

ました。

畑作業の仕事内容にもよると思いますけど、障害を抱えた方が農作業をするのは

少し難しいのではないかと僕個人は思っています。

スタッフさんがどんどん辞めていく

僕が事業所を退職するときには、入所したときにいたスタッフさんは統括も含めて

全員辞めていました。

色んな事情はあると思いますが、スタッフさんはどんどん辞めていき、新しく入ってきた人も

すぐに辞めてしまう事が多かったです。

僕は会社側の事情に関しては全くわからないので、個人的な理由でスタッフさんが辞めていったのか

会社側の都合で辞めていったのかは分かりませんが、こんなに入れ替えが激しい職場は初めてでした。

仕事方針は僕にあっていませんでしたけど、スタッフさんの多くはとても良い人が多く、続けて欲しいと

思った方ばかりでした。

この事業所は、とても面談に力を入れている感じがあって、僕はよく病気のことや仕事のことについて

相談をしていました。

僕の事情をよく知っているスタッフさんがどんどん辞めていくことは、心情的に少し悲しいこともあり

とても残念でした。

最後に

実はまだ話す事が山ほどあるのですが、ひとつの記事では話しきれないので

いつかまた話す機会があると思います。

約4年間この事業所に通いましたが、鬱にもなり統合失調症も悪化しましたが、

僕の人生の中で一番内面的に成長した事業所だと思います。

自分でも驚くほど変わったと思っています。

全く自信のなかった僕ですが、少し自信をつける事ができ

勇気を出して行動することもできるようになりました。

それは、正直にいうと、事業所のお陰ではなくある一人のスタッフさんの

お陰だと思っています。

僕の片思いでしたが、そのスタッフさんに出会えたことは僕の人生の

一生忘れない思い出になると思います。

もしかすると、そのことについてお話しすることもあるかもしれません。

この事業所ではいろいろあり、きついことばかりありましたが

僕の今までの人生は失敗続きだと思っているのですが、

この事業所での4年間は僕にとって成功体験だったのではないかと

思っています。

今では、この事業所の色んな方に感謝しています。

もう少し、一緒に仕事ができたらと思う人も多かったです。

辛かったけど、とても楽しかったです。

それでは今回はこれで失礼します。

またよろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

-就労継続支援A型事業所
-

© 2022 ryo blog〜日々の日記 Powered by AFFINGER5